鋼製階段の専門メーカー 石垣鐵工株式会社
 
会社概要
ごあいさつ
“難しい階段創り世界一”を目指して 代表取締役 石垣勝康
おかげさまで当社も、平成27年で会社創立60周年の節目を迎えることが出来ました、ひとえにお客様のご支援の賜物と感謝いたしております。
現在インターネットの普及により、グローバルな地球規模の視野の思考を求められつつも、今までにない「世界でたった一つのモノ」という個性的なデザインがますます多様化しております。
そんな中で構築物における階段の持つウエイトがエレメントとして非常に重要な位置付けになってきております。そこに求められるのは最高の技術と優れた合理性であるといえるでしょう。
私どもは、そのような観点に立って長年の経験による高い技術と磨かれた感性で3CADシステムを駆使した、今まで以上に難しい形状のモノを作業合理化による高いコストパフォーマンスを活かしながら製作し、これからもお客様からのあらゆるご要望に、全力でお応えしてまいります。
社是

難しい階段創り世界一”を目指し
信頼の出来る人間を作り、仕事を通じて社会に貢献する。

社訓
我々は、信頼の和を広めることが会社の発展と信 じ、仕事を通じて人と交わり、学んで己を磨き、努力しながら信用を重ね、 立派な仕事をして自信を持ち、お客様に信頼され、家族に喜ばれる 誇り高い人生を目指します。
品質方針
当社は業務と製品の継続的改善を重ね、顧客満足と信頼性の向上を実現し
会社を発展・成長させ、社会に貢献する。
業務内容
● 各種階段(らせん、デザイン、階段室鉄骨)
● スパイラルスロープ(避難用、観覧用、駐車場)
● 各種スチール手摺(らせん、デザイン)
● 建築金物
● レーザー加工
● 三浦工業(株)Zボイラの販売、据付、配管
当社の特色
■ e-mail による図面の受入れ・受け渡し
■ 3D-CADによる設計支援
■ CADによる施工図作図・製作・現場までの一貫生産
■ レーザー加工による綺麗で精密な仕上がり
■ 複雑、自由形状も可能
沿革
昭和 30年 3月 創業 大館市南町地内に鉱山、営林署機械の製作・修理を主に自営開業
昭和 40年 4月   三浦工業(株)Zボイラー販売据え付け代理店となる
昭和 48年 4月   鉄骨製造事業の取り組みを開始する
昭和 49年 12月   秋田県建設業の許可(鋼構造物工事業)を受ける
昭和

53年

7月

  設立(昭和53年7月1日) 有限会社石垣鐵工場に法人化
代表取締役 石垣精一、資本金200万円
昭和 54年 4月   大館市池内に工場を移転
昭和 62年 4月   コンピューターによる自動製図(CAD)システム導入
平成 2年 2月   代表取締役に石垣勝康 就任、資本金500万円に増資
平成 3年 3月   大館市二井田字陣の腰に工場を新築移転する
平成 3年 10月   大館市誘致企業の指定を受ける
平成 6年 9月   レーザー加工機を導入、階段製作専門メーカーを目指す
平成 7年 4月   胴縁施工図システムを導入する
平成 8年 11月   インターネットにて工事受注を始める
平成 9年 5月   プラズマ加工機を導入する
平成 10年 1月   工場を増築する
平成 10年 3月   LANシステムを導入する
平成 11年 8月   ドリルソーを導入
平成 15年 1月   3D-CADを導入
平成 15年 11月   ISO 9001:2000 認証取得
平成 17年 3月   創立50周年を迎える
平成 18年 9月   資本金1000万円に増資
平成 19年 8月   石垣鐵工株式会社に組織変更
平成 19年 9月   秋田県営大館第2工業団地内に工場新設
平成 20年 6月 国土交通大臣の認定工場(Mグレード)となる
平成 25年 4月 AW溶接技能検定合格
平成 26年 12月 秋田県営大館第2工業団地内に管理棟及び第二団地工場増設
平成 28年 3月 本社所在地を大館市二井田字前田野5番地2に移転

本社・団地工場ご案内図
アクセス
空路/ 青森空港から車で100分
空路/ 大館能代空港から車で30分
鉄道/ 東北新幹線 盛岡駅から車で90分
鉄道/ 東北新幹線 新青森駅経由大館駅から車で15分
お車/ 東北自動車道 十和田ICから 30分
▲ページの先頭へ戻る